筆者紹介

 

筆者名:織田 凡人 (Oda Bondo)

2008年リーマンショック直前よりFXトレードを始める。

リーマンショック、ギリシャショック、チャイナショック、Brexit、
トランプショックなどをくぐり抜け、勝ち負けをくりかえしながら、
破産は免れるも毎月コンスタントに勝ち続けられるようになったのは2017年から。
常勝できるようになるまで、苦節9年もかかった超凡人トレーダー。

逆をいえば何の取り柄もない凡人でも、
正しい努力を続ければ
FXでは勝っていけることを証明した。

 

「FXにおいて、勝つことは簡単です。
勝ち続けることが至難なのです。」(本人談)

 

トレードタイプはスキャル・デイトレが9割、スイングが1割。

【トレードのキモ】
・優位性のあるポイント(リスクとリワード)
・賢く負ける
・マーケットの本質を知れ
・まずは生き残れ、話はそれからだ(ジョージ・ソロス)

凡人の証明

人格と学歴

171cm、66kg 日本人のミドル オブ ミドル。
見た目はソース顔でもなく塩顔でもなく、ふつうのしょうゆ顔。
存在感も、特に目立つわけでもなく、かといって影がもっぱら薄いわけでもない。つまり、ふつー。
5人集まった場合、いろんな特徴を順番に並べてみると、
常時上から3番目の下から3番目。要するに、ふつー。

あ、スポーツはやや得意でした。
でも県退会の1回戦で敗退するレベル。
たいしたこたない、全体でみればふつー。

学歴は大学卒。いわゆる中堅大学といわれるふつーの総合大学。
こういうのって「中卒なのに/高卒だけど、成り上がったぜ!」
とかの方がカッコいいですよね。

ちなみに、こういったプロフによく書いてある、
衝撃エピソードや武勇伝なぞ、あるわけもなし。

ハッキリ言います。
ふつーすぎる自分が憎い!

地味すぎる職歴

超凡人としては「”超”就職氷河期」の中、
分をわきまえて、地元の中小企業に就職。
が、2年で退職。

2年間フリーター生活。

地元のIT系企業に就職、3年間勤める。

このIT会社在籍時の2008年、FXと株をやり始める。

FXに取り組み始めてから、やや意識を変えました。

FXは95%が負ける種目だ。
てことは、普段の生活から
5%の人間しかやらなそうなことを
意図的に選択していこう、と。

凡人がもがく。5%ルール

手始めに本を読み始めました。
あたり前ですが、読書って誰にでもできますよね。

でも、統計によると、
1ヶ月の読書量ゼロが45%。10冊以上読む人が10%程度。

とりあえず、月間10冊以上の本を読めば
上位10%にはなれると。(単純)

そこで、
毎日1冊、
週間7冊、
月間30冊、
年間3~400冊の
本を読むことにしました。

これくらいなら上位5%に入れるんじゃね?(単純)

ーああ、なんということでしょう。

圧倒的に本を読んだことで、会社での実績に結びつき
それが評価され、年収がグンとアップしました。

アハハ!
凡人が戦略的に異常値をとると、
ちょっとこれまでとは違うことが起こるんだ。

「みんなができることを、(単純に)みんなができないくらいやる」

凡人がとる道はこれしかない。
ぼんじんせんりゃく。

当時、「読書量と年収は比例する」なんて記事を
素直に鵜呑みにしてみたけれど、
それなりに自分自身で証明することができました。

たぶん、これが人生最初の”成功体験”だと思います。

凡人が起業した結果

途中から起業するための勉強もはじめました。
ちなみに日本人で起業する人は、ちょうど5%くらいです。

5%ルールに則れば、起業するしかありません。

結果、日本人の平均年収の3倍以上は稼げるようになりました。

これが二度目の成功体験になるでしょうか。

で、肝心のFXは?

2008年からFXをはじめ、月間で負けナシの状態になるまで、
およそ10年かかりました。おっそっ!

ただし、10年のうち7年半くらいは、

「小遣い程度稼げればいいや」
「片手間でちょいちょいやっとこ」
「基本的なテクニカルだけで十分しょ」

くらいにしか考えておらず、
徐々に負けがこんでくる状態でした。

こんなんじゃダメ!
もっと「覚悟」をもってFXに取り組むのだ。
と決め、本格的な勉強と実戦を積んで2年半。

ようやく「勝ち続けられる」ようになったのが2017年のことです。

FXは、凡人でも「勝ち続けられる」ことが証明された

トレードというのは、スポーツに似ています。

机上の”お勉強”だけでは勝てません。
練習と訓練、実戦での経験が必要です。

本を読んだだけでは、泳げない。
それと同じです。

スポーツの世界でメシを食っていくレベルになるには、
努力に加え、持って生まれた才能が絶対的に必要です。
努力では超えられない壁が存在します。

しかし、トレードはスポーツに近しくも
努力だけで何とかなります。

月収100万円くらいなら、だれでも可能です。

だって、凡人代表の僕でもできるんだから、
あなたにできないわけがない。

そうは言っても、僕もまだまだ上を目指します。
トレードは生涯学習だと思っています。

もしあなたが、FXをやるなら相応の覚悟を決めてください。

一緒にがんばっていこうではありませんか!

 

免責事項

 

Copyright© BondoFX 織田凡人 トレードの勘所 , 2020 All Rights Reserved.