FXメソッド(手法と戦略) FX初心者向け

FX「負け組」から「勝ち組」への転換点シリーズ(3)“○○”をしぼる

FX「負け組」から「勝ち組」への転換点シリーズ

今回は第3弾になります。

第1弾はこちら
第2弾はこちら

さて、あなたは”必殺技”というと
何を思い浮かべますか?

孫悟空なら”かめはめ波”
ケンシロウなら”北斗百烈拳”
キン肉マンなら”キン肉バスター”

…80年代ジャンプ系列でまとめさせていただきましたが、
ヒーローってのは、どんなにやられても、
最後に敵を仕留める一撃必殺の技を持っているわけです。

そう、今回言いたいのはコチラ。

”手法”をしぼって、それを極めて
自分の必殺技・得意技をつくれ!

ってこと。

 

手法コレクター、手法ジプシー、手法マニアのなれの果て

初心者の頃に陥りがちなのが、
”聖杯”を求めて次から次へと
いろいろな手法に手を染めて、
結局、スキルも利益も残らない…

という悪循環です。

これはもう、
「きっと世の中には必ず勝てる手法が存在するはずだ」
というまちがった思い込みと、

「ラクして儲けたい」
という人間の性の合わせ技一本で、
それこそ自分を殺しちゃう”必殺技”といえるでしょう(苦笑)。

手法コレクターがちーっとも上達しない要因は以下です。

手法コレクターの害悪①

その手法をなぞるだけで終わってしまい、
「なぜそういう手法が成り立つのか」や、
「その奥にある相場の原理原則」を理解しない

これです。

その手法の背景を理解する、
分析するクセを持てば、

その手法が理にかなっているか、
はたまたインジケーターをこねくりまわしただけの
”まがいもの”かもわかってきますし、

より相場についての理解も
だんだんと深まっていきます。

手法コレクターの害悪②

ちょっと試しただけで負けを見ると、
「もうこの手法は使えない」と捨ててしまい、
また次の手法探しの旅に出て、
時間とお金をムダにする

これです。

この悪循環に気づかないうちは、
永遠にループし続けることになるでしょう。

では、その気づきとは何なのか?

ポイント

絶対・100%・必ず勝てる手法などない

ラクして儲かる道はなし

これを腹の底で解ることです。

「んなこたーわかってる」と
頭で理解しているレベルだと
またくりかえす可能性があり、

次の段階に移行して、
そこでもまた悪魔のループに陥ることになります。

インジケーター 蟻地獄

絶賛手法ジブシー爆走中、
もしくは手法をいくつか厳選し出す頃にやってくるのが、

いくつものインジケーターをチャートに出して、
それらの設定値をこねくり回す、
いわゆる、インジにハマる段階、

そう通称
「インジケーター蟻地獄」です。

僕なんかこの蟻地獄にはまっていたときは、
MAXで5つのインジケーターを同時に出していましたね。
肝心のローソク足チャートが画面の半分以下という(笑)。

それぞれのインジの設定値を、
あれでもないこれでもないと
もっともフィットしそうな値を試しながら、

5つのインジがそれぞれ
こうこうこういう形になったら、
いざエントリーという作戦。

うん、カンペキ。
これなら勝てる!

…がしがし、待てども、待てどもチャンスが来ない。。
「エントリーできねえじゃねぇか!!」

それでムダな努力に気づけばいいんですが、
また、設定値を変えたり、違うインジに入れ替えたり…。

悪魔のループはコワイですが、

この悪循環を抜けられれば、
結構光明が差してくるんですがね…。

複雑なものって、案外シンプルなのよね

相場は複雑怪奇なのはまちがいなく、
だからこそ、世界中のトレーダーが毎日凌ぎを削って、
悪戦苦闘しながら向き合っているわけですが、

そういう複雑系なものへの対処法としては、
「一旦シンプルに考えてみる」てのが
相場だけでなく、ひいては人生の成功法則ではないでしょうか?

原点に立ち返る、
基本に戻ってみる、
ゼロベースで考える、

などです。

ちまたには星の数ほどの手法や
テクニカル分析がありますが、
エントリーチャンスでいえば、

ブレイクアウトなのか
押し目買いなのか
戻り売りなのか
レンジ内逆張りなのか

そんなもんしかないわけですよ。

それらをいろいろなツールの組み合わせで
可視化しているってだけのハナシです。

そう考えると、手法がどうのとか
インジケーターがどうのとかいうよりも、

相場の原理原則や大衆心理などの
普遍的な考え方のほうがはるかに重要
なのがわかるはずです。

まずは一つの手法を極めて、必殺技をつくれ! もうそれで十分。

だから、そういう意味では手法はなんでもいいのですよ。

なんでもいいというか、それこそ
「負け組」から「勝ち組」への転換点の第2弾で解説した、
自分の性格やライフスタイルを考慮して、
自分に合いそうな手法があれば、

それを徹底的に反復練習・実践し、
必殺技・得意技になるまでモノにできれば、
もうそれで十分なわけですよ。

だって、それで”トータルで勝ち続け”られればいいんだから。

それで儲けられるんだから、
それだけやってりゃいいってハナシ。

で、それが反射的にできるくらいになれば、
次の技の習得に入ってもいいですね。

悟空もかめはめ波は余裕で、
界王拳、元気玉と習得していったじゃないですか。

ひとつ必殺技を持てれば、
メンタルもかなりラクになってきますし、
その場面以外はやらなくなってくるので、
ポジポジ病にもかかりにくくなってきますしね。

もしあなたがいま、
気づいたら手法集めに熱心になってしまっていたり、
インジの蟻地獄にはまり込んでしまっていたとしたら、
この記事がその悪循環から抜け出すキッカケになってくれたら、これ幸いです。

-FXメソッド(手法と戦略), FX初心者向け

Copyright© BondoFX 織田ボンド トレードの勘所 , 2020 All Rights Reserved.