FX、株(CFD)、仮想通貨はプライスアクションとチャートパターンで儲ける。

相場の勘所! トレード・ドクトリン

FX すでに起こった未来-ドル円 予測

すでに起こった未来 ドル円 2018.4.13~ 予測&戦略

投稿日:

ドル円はレンジ内でももみあいが続いています。

今さっき先週足高値の107.50をつけそうになりましたね。ただし、東京時間なので抜けないとみて売りました。

ここを明確に上抜ければ107.90~108.20のレジスタンスまで走りそうです。なので、抜ける場合はショートは損切、ドテンロングです。

さて、下図はドル円の日足チャートをもってきました。

ドル円日足チャート

108円どころでレジスタンスされ、今後2~3週間程度105~106円まで戻す流れとなれば、チャートがシンメトリー(左右対称)となり、カップ&ソーサーボトムのかたちになります。

こうなればチャート的には美しいですね。「チャーチストはロマンチスト」と言われるのはこういうところなのでしょうw

107.50のレンジ上限が突破されれば、108円まで付いていき、レジスタンスのプライスアクションを見極めて、戻り売りたいと思います。

レンジ上限を突破できず戻されるようであれば、107円までのレンジ内戦略で今度は下限を突破できるかを見極めます。

ただし、今日は金曜日ですので週末の持越しは厳禁とします。

ドル円

107.50突破で108円。しかし基本は戻り売り。

引き続きレンジ内に収まるようであれば107円まで売り

日足でシンメトリーのカップ&ソーサーボトムになると見れば、まだ2~3週間程度は戻り売り継続。

週末持越し厳禁。日米朝露など不確実なニュースが多い。

 

-FX, すでに起こった未来-ドル円 予測

Copyright© 相場の勘所! トレード・ドクトリン , 2018 All Rights Reserved.